カテゴリ:周辺国

「みんなの経済新聞ネットワーク」の記事によりますとマニラ・マカティ市にあるマニラ株式市場では高度経済成長とともに株式市場への注目が高まっているそうです。私もフィリピンには海外出張でマニラ、セブと何度か訪れたことがありますが当時から街や人々の熱気は凄まじく ...

先日からラオス・ビエンチャンにてASEAN(東南アジア諸国連合)の外相会議が行なわれていましたが、南シナ海を巡る問題で親中国と言われるカンボジアが最後まで中国側に付き、抵抗したとニュースでも報じられています。カンボジアはこれまで中国からの多額の経済援助を受けてお ...

現在、プノンペンでは中国、香港、シンガポール、韓国、日本などの資本で建設ラッシュが続いています。豪華ホテル、コンドミニアム、ショッピングモールなど街中では巨大プロジェクトが着々と進められています。また、将来的にはプノンペンからシアヌークビルまで続く高速道 ...

ここ最近、アジア最後のフロンティアとして【ミャンマー】や【カンボジア】がメディアでよく取り上げられています。私はミャンマーにも2年ほど前に仕事で訪れたことがありますが、正直なところ個人的には何故ミャンマーへの投資がこんなに騒がれているのかと不思議に思ってい ...

以前、プノンペンの建設ラッシュを見てこの国の将来性を感じたと書かせていただきました。私が初めてプノンペンを訪れたのは3年前の2013年、この時はまだそれほど交通量も多くなく『ゆったり、のんびりした街』という印象でした。その時はヨーロッパ人観光客にも人気のリバー ...

↑このページのトップヘ